イメージ画像

消費者金融とクレジットカード借りるならどっちがいいの?

お金を借りる必要ができた時に、消費者金融とクレジットカードどちらで借りたらいいか悩みむところですよね。お金を借りるというのは一緒ですが、手続きなどが多少異なります。以下では、消費者金融とクレジットカードのどちらで借りたらいいのか、詳しく見ていきます。

消費者金融のメリット・デメリットは?

消費者金融で借入をする場合、どういったメリット・デメリットがあるのか見ていきましょう。

<< 消費者金融のメリット >>

・審査スピードが早い

貸金業者の中で、融資までの時間が早いのが消費者金融です。ですので、急ぎでまとまったお金が必要になった方にはぴったりです。

最近では、インターネットやスマホからの申し込みができるようになったので、わざわざ店頭や自動契約機に足を運ばなくても簡単に借りることができます。ただし即日で借りる場合は、条件が厳しくなるので注意が必要です。

・借入の審査が厳しくない

消費者金融での借入審査は、銀行ローンに比べてそれほど厳しくありません。また、アルバイトや派遣で働いている方でも、安定収入があれば融資を受けることができます。

消費者金融は、できるだけ色んな層に借入をしたいと考えています。ですので、金利が多少高くてもすぐに借りられるというところが、消費者金融の魅力の一つかもしれませんね。

・無利息キャンペーン

CMでもよく見る、大手消費者金融の「初回限定で30日間無利息期間」といったサービスです。新規で借りたい方にオススメのキャンペーンということもあり、ちょっとした額を借りたいのであれば、銀行などで借りるよりもお得に借入することができますよね。
消費者金融−キャッシングの達人とは

<< 消費者金融のデメリット >>

消費者金融には、どんなデメリットがあるか知っておくことが必要です。きちんと理解しておけば、上手く消費者金融を利用できます。

・世間のイメージが何となく良くない

現在の消費者金融は気軽に借入ができることもあり、イメージは良くなってきています。ですが、それでも何となく良くないイメージを持っている方も少なくないので、消費者金融でお金を借りるのは・・・ためらってしまう方もいます。

・つい借り過ぎてしまうこと

消費者金融は銀行などと違い、簡単に借り入れができてしまいます。便利なため、一度借り入れをしてしまうと何度も利用してしまう方も少なくありません。

利用限度額の範囲内でしたら、いくらでもキャッシングできてしまうので、自分の口座からお金を引き出す感覚で借入してしまいます。計画的に利用しないと、いつの間にか大きな額を借りてしまってることになります。

クレジットカードのメリット・デメリットは?

クレジットカードで借入する場合、メリット・デメリットはどういったものがあるのでしょうか。

<< クレジットカードのメリット >>

・買い物するのに便利

クレジットカードには、ショッピング機能の他にキャッシング機能が付いています。キャッシング機能は、消費者金融と同じようにお金を借りることができます。

例えば、クレジットカードが使えない店舗も中にはありますよね。手持ちが足りなく現金が必要な場合は、キャッシュ機能があると便利です。他にも、結婚式のご祝儀など急なお金が必要になった時にキャッシュ機能が活用できます。

・未成年でもカードを持つことができる

クレジットカードはの審査対象は18歳以上なので、未成年でも持つことができます。18歳以上でしたら、働いている方もいるので返済能力があれば未成年でも審査を受けることができます。ですが、未成年であることには変わりないので、親族からの同意書が必要になります。

・クレジットカードなら持っていても抵抗感がない

消費者金融のカードを持っていると、イメージがあまり良くないなど何となく抵抗感がありますよね。それに消費者金融からお金を借りてるというのも周りに知られたくない方が多いと思います。クレジットカードなら、ほとんどの方が持っているものなので抵抗感も無く持てますよね。

・海外でも使える

全部のクレジットカードが使えるわけではありませんが、海外でキャッシングが可能です。両替のできる場所を探すのは面倒ですし、万が一必要になったときにキャッシングができるのは便利ですよね。

・総量規制の対象外(ショッピング枠のみ)

総量規制とは、個人がお金を借りる場合に、収入に応じて借入の上限が決められていることです。クレジットカードのキャッシング枠は総量規制の対象になりますが、ショッピング枠は借入ではないので対象外になります。ですので、収入の制限を受けずに買い物ができます。

<< クレジットカードのデメリット >>

・カードを作るのに時間がかかる

申し込みをしてからカードを発行するのに時間がかかるため、すぐに借り入れをすることができません。どうしてもすぐにお金が必要な場合、クレジットカードでのキャッシングは難しいです。

・インターネットでの情報漏れによる危険性

インターネットで買い物をするなどの際に、カードを使って支払いをする方も多いかと思います。支払いでカード番号の入力して、情報が漏れてしまうという危険性も高いです。

他にも、お店でカードを使ってショッピングをされる方もいますよね。そこでカードのスキミングといったトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。

・注意しないと買い物をし過ぎてしまう。

設定されている限度額まででしたら、お金を引き出すことができます。ですので、自分の口座から引き出しているような感覚になり、気付くと使い過ぎてしまいます。

消費者金融とクレジットカードの共通点は?

消費者金融とクレジットカードには共通点はがあります。以下のものが、どちらも共通する部分です。

・金利が高い

どちらもキャッシングでお金を借りることは一緒です。他にも、消費者金融もクレジットカードも金利はほとんど変わらず15%〜18%となっています。どちらも銀行よりも金利が高いため、長期で取り引きするとなると利息が増えてしまいます。

・無担保・無保証

銀行などの金融機関から借入をする際には担保や保証人が必要になりますが、消費者金融とクレジットカードは無担保無保証で借入することができます。

・総量規制の対象

どちらも総量規制の対象になるので、年収の3分の1までしか借り入れができません。クレジットカードの場合は、キャッシング枠が総量規制の対象です。

消費者金融・クレジットカードでお金を借りるならどっち?

消費者金融とクレジットカードとクレジットカードのメリット・デメリットについて分かりました。では、どちらで借りたらいいのかということですよね。

<< 消費者金融がオススメの方 >>

上でも書いたように、消費者金融とクレジットカードの金利は変わらないので、すぐに借りたいという方は、消費者金融がオススメです。また、無利息期間キャンペーンをやっている会社も多いので、短期間に借りたい方は消費者金融で借りた方がお得です。

<< クレジットカードがオススメの方 >>

インターネットで頻繁に買い物をする方は、クレジットカードがあった方が便利です。また、当面お金を借りる予定はないけど、万一のためにという方は、とりあえず作ってみるのもありでしょう。

また、消費者金融に抵抗があって借りるのは・・・という方もクレジットカードを利用するのがいいかもしれませんね。どちらかで借りようと考えている方は、状況によって借入の使い分けをしてみてはいかがでしょうか。

以上で消費者金融とクレジットカードについて紹介しました。消費者金融のもクレジットカードにもメリット・デメリットがあります。お金を借りないことが一番ですが、ご自身の生活に合った借入を選択してみて下さい。

消費者金融とクレジットカード借りるならどっちがいいの?のまとめ

・消費者金融のメリットは、最短でその日に借入できる・審査が厳しくない

・クレジットカードのメリットは買い物に便利・未成年でも持つことが可能

・消費者金融のデメリットは、使い過ぎてしまう・イメージが良くない

・クレジットカードのデメリットはカードを作るのに時間がかかる・情報漏れの危険性がある

・消費者金融とクレジットカードの共通点は、保証人がいらない・金利が高い・総量規制があること

・消費者金融とクレジットカードどちらで借りた方がいいのかは、状況によって合った方を選ぶ

このページの先頭へ