看護師の資格を存分に生かした働き方

准看護師の今後の展望

看護師には正看護師と准看護師がありますが、准看護師はいずれ廃止されるという話が伝わっているようです。 実際のところはどうなのでしょうか?

看護師と准看護師は、実際の看護の現場ではあまり業務内容に違いが無いこともあります。 でも給与面で考えると、やはり看護師の方が准看護師よりも高いのが普通のようです。 もともと准看護師は戦後に看護師が不足していたため、人材確保のために誕生したという経緯があります。

看護師になるにあたって、准看護師なら中学校または高校を卒業した後、2年間の専門教育を受けて試験に合格すると資格を取得することができます。 なるべく早く看護師となって働きたいという人にとっては、准看護師の制度はありがたいものです。 いったん准看護師になって働いていくうちに、正看護師にチャレンジすることもできるのです。

准看護師は不要だと主張する人もいますが、現行の制度を残した方が良いと言う人もいるので、まだ当分は准看護師制度が存続するものと思われます。 病院側にとっても、准看護師がいた方が業務が円滑に進んだり、経営上も 経費の節約になるという実情があります。

どういうことかというと、現在病院等の医療機関では人手不足ということもあり、准看護師は貴重な戦力です。 しかも正看護師よりも給与を低く抑えることができますし、それでいて十分な働きを期待することができるのです。

准看護師は看護師よりも業務範囲が少なくなってしまいますが、それでも経営を考えた時、給与が少なめで済むことは大きなメリットになります。 准看護師として働いている人も、経験を積めば看護師の資格取得にチャレンジすることができます。

看護師の仕事は向き不向きもありますから、とりあえず准看護師としてスタートを切った後で、続けていけそうな自信がついたら看護師になるという方法もあるのです。 ただ准看護師を養成する学校は少しずつ減少していっていますから、今後は最初から正看護師を目指すのが主流になるのかもしれません。

友人看護師からの紹介で転職するなら

看護師の方が転職しようと考えた時、自力で探す方法の他に、友人や知人から転職先を紹介してもらおうとする人もいるでしょう。 転職する際は新しい職場がどんな状況なのか、人間関係に問題はないか等、気になることがたくさんあるはずです。

もしその職場ですでに働いている人から詳しい話を聞くことができれば、不安も解消するでしょう。 知り合いが働いているということで、初出勤の日も心強く感じられると思います。 ただ、友人・知人からの紹介で転職する場合は、聞いた話を鵜呑みにしては後でこんなはずではなかったとガッカリすることもありますから、注意しておかなければなりません。

たとえば知人は今の職場をとても居心地が良いと感じているかもしれませんが、実際に転職してみた時、自分は違う感想を持つかもしれないのです。 また残業が少ないと聞いていたけれど、配属された部署はとても忙しく、休暇を取るのもままならないという場合もあります。

転職してからこうしたことに気付いても、当然ですが紹介してくれた人に文句を言うわけにはいきません。 ましてやまたすぐに退職してしまったりすると、紹介した知人にも迷惑をかけてしまうことになります。

給与についても、知人には本音をいいづらい人もいるでしょう。 本当はもっと高い給料をもらいたいけれど、それを友人に言うのはためらわれるので、提示された金額でOKしてしまうということも考えられます。

給与や休暇については働く意欲に大きく関係してきますので、本来ならきちんと自分で主張すべきだと思いますが、それが難しいこともあります。 ですから、人の紹介で転職することのメリットとデメリットを事前によく認識しておくようにしましょう。

言うまでもないことですが、紹介してくれる人とは信頼関係があり、真実を述べてくれているという実感を得られる人でなければなりません。 もしかしたら良い面しか説明してくれないかもしれませんし、目上の人の紹介で断りづらいという理由で転職を決めると、あとで後悔することになりかねません。

↑ PAGE TOP